2015年12月25日

【環境マガジン】投稿作品ご紹介(第30回 コンテスト大会)

【環境マガジン】投稿作品ご紹介(第30回 コンテスト大会)ひらめき
■第30回 環境俳句・環境短歌・
 投稿していただいた
 作品を紹介します。


【9月〜10月】
秋の日の  夕暮れ鮮やか  水平線
 ああ明日もまた も一度会いたし(絵画作)

アカシアの  あの日あの時  別れ歌
 傘もささずに  雨にゆられて(逃亡者ウエスト作)

最端の  環境技術に  驚愕し
 世界の識者へ  ノーベルハートを(闘魂一心LOVE作)

環境の  チョイスザチャンス  君の意志
 憎きエゴ捨て  ワールドボイスに(LOVE東京作)

世界から  敬意の念を  抱かれし
 広島の心  イッツマイプレジャー(向日葵作)

海洋の  太古の昔  植物が
 作り守りし  オゾン防護よ(モンキーベイビー作)

エコシステム  生態系の  形成に
 自然資源の  共存共栄(さくさく作)

背番号  昔あこがれ  ミスターの
 今は識別  管理制度か(ひょうたん島作)

またいつか  会おうね笑顔で  涙して
 被災の友に  ゆびきりげんまん(自分流作)

マタハラに  ピリオド打ちし  イクメンの
 未来のにっぽん  明るいかがり火(アラスカ作)

ダブルケア  介護と育児の  両立に
 制度環境  至急見直し(さすらい作)

国連の  気候変動  枠組みを
 師走にひかえ  ワクワクどきどき(ピースワールド作)

最愛の  娘未来に  幸あれと
 送る右手に  力無理入れ(サウスウエスト作)

これでもか  次から次へと  迫り来る
 環境破壊に  明確なるNO!(太郎作)

温暖化  生態系への  悪影響
 メルマガブログで  呼びかけ連携(よろしくスンエイサ作)

マイナンバー  役所へ持ち込み  ICの
 写真カードで  統一識別(サンダーバード作)

道端に  たたずみ咲くなん  雑草の
 名前も知らぬ  強さ見惚れむ(ミッシェル作)

ゆるぎなき  信頼構築  一夜にて
 くずれ落ちたり  改造DATA(しらす作)

建物も  磐石土台が  ありてこそ
 人も同じか  ヒューマンベースか(アジアの星作)

アセアンの  国防一致に  十か国
 米中対立  いつまでオイオイ!(おーい!作)

【11月〜12月】
腐らずに  誰でも出来る  仕事こそ
 懸命にやりぬく  君はさいこう!(オリンピック最高作)

一瞬の  心あったか  リフレイン
 スポーツのもつ  本質大事や(スポーツデスク作)

主義主張  テロ廃絶に  ちょっと待て
 心のしこり  病苦リセット(かっちゃん作)

思い出の  アルバムめくる  親指に
 心なしかや  生きた証か(しまじろう作)

小さな手  もみじに似たり  孫連れて
 公園散歩に  ついつい口笛(メイト作)

エンタメに  心のビタミン  求めつつ
 環境保全の  心同様(回転リレー作)

虫たちの  世界を舞台に  鮮やかな
 Bugs神聖  愛と命よ(寄道作)

節子嬢  尾道旅館に  ファンの声
 良きニッポンの  あの日あの時(アートMAX作)

パリ協定  痛み分かちて  シーオーピー
 実質ゼロの  排出宣言(校長先生作)

すばらしき  勇気に満ちた  宣誓文
 世界首脳が 握手採択(環マガファン作)

あきらめない  あきらめないで あきらめさせない
 きみの傍  いつも見てるよ(あきらめないで作)

炊き立ての  ホカホカ白飯  日本人
 でも充分さ オカズなくとも(ミッシェル作)

スタジアム  垂木の杜の  コンセプト
 和を想起さす  格子デザイン(みのる作)

木造の  日本古来の 匠技
 木のぬくもりに  世界圧巻(モッチー作)

寄り添いて  共存共栄  青き地球を
 国のエゴ捨て  主義の違いも(サンスイ作)

ダブルケア  子育て長寿と  ビジネスに
 乗り越え術を  必死さがして(サテライト作)

念願の  バーバ女子会  年越しの
 門松準備し  気持ち少女や(STママ作)

難航の  保護地区守れ  中長期
 保全回復  緊急行動(イーストエース作)

コップ10  自立の国の  責任感
 連帯連合  ともにスクラム(メルカン作)

年の瀬の  A案大成  競技場
 東京の顔に  拍手喝采(ゆーご作)

あったかい つちのぬくもり かんじつつ
 にんじんぱせりの たねをまきつつ(ドクトルB作)

クリボッチ  誰もいないが  ひとときの
 ラジオコントに  そっとほほえむ(ピンチ作)

新しき  国立競技の  舞台裏
 皆の思いを  どうか叶えて(ヤング満作)




当誌 環境マガジン愛読者の皆さん、
リアル エコサイエンス倶楽部の皆さん、
環境マガジン ブログ愛読者の皆さん・・・
数々の投稿作品、ありがとうございます。
感謝、感謝、感謝です!

また、次年度も いのちある限り、
どうか末永く、よろしく御願い致します!!



■第30回 環境俳句・環境短歌・
 環境川柳・環境ポエム【詩】
 コンテスト大会≫作品募集します。
 ご協力願います。
作品・・・
俳句
短歌
川柳
ポエム詩歌
小言・・・爆
___________________________

(第30回コンテストの作品募集
 締め切りは、12月末日です!)
  環境俳句・環境短歌・環境川柳・
  環境ポエムの作品募集中 
   読者の皆さん、お気軽に! 
   ご応募お願いします!!
http://blog.livedoor.jp/science33/
   (メルアド)→ 
   sscience33●gmail.com 
  (●を@に変えてください)
____________________________

   第30回
  ≪環境俳句・環境短歌・環境川柳・
   環境ポエム【詩】コンテスト大会≫
   (フォーム例 案)
===============

■【生態 部門作品】
______________________________

(日本語)  ・・・ (・・・作)
(にほんご) ・・・ (・・・作)
(英 語)  ・・・・・(・・・意訳)
(中国語)・・・・・・・(・・・意訳)
(韓国語)・・・・・・・(・・・意訳)
(タイ語)・・・・・・・(・・・意訳)
(ヒンズー語)・・・・・(・・・意訳)
(サンスクリット語)・・(・・・意訳)
(エスペラント語)・・・(・・・意訳)

 ご希望があれば、
【メルマガ名・HP・ブログ名、
 コテハン、ハンドルネーム、ペンネーム】
 で紹介します。
___________________________________
                      
≪ふるって、ご応募願います≫
 (メルアド)→ 
 sscience33●gmail.com 
(●を@に変えてください)

(作品例)
================
■【森林問題 部門作品】      
________________________________
(日本語)
 森が今  悲鳴をあげて  きしむ時           
  おごり高ぶる   犯人は誰だ! 
  (スンエイサ作)
__________________________________
                      

=================
■【アスベスト問題 部門作品】
__________________________________
(日本語)
断熱の  効果テキメン  アスベスト
 改修工事の  制度化いそげや
 (サイエンス作)
__________________________________

=================
■【ダイオキシン問題 部門作品】
__________________________________
(日本語)
もやさざる ものをもやして  ものいわず
 ダイオキシンの ものしずけさや
 (サイエンス作)
___________________________________        


(備考)
装い新たな【環境マガジン】LIVEDOOR ブログも
よろしく御願いします!
 http://blog.livedoor.jp/science33/

=== ===
環境マガジン
第30回コンテスト
投稿作品紹介
環境俳句
環境短歌
環境川柳
環境ポエム
環境詩歌
posted by 世界初インターネット環境プランナー@スンエイサ at 22:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

ステイマーク(3M)L715 路面補修材 スリーエム製 |公共仮設トイレの駐車場、駐輪場に

ステイマーク(3M)L715 路面補修材 スリーエム製 |公共仮設トイレの駐車場、駐輪場に 
===============
ステイマーク(3M)L715 路面補修材 
【サイズ:幅610mm・長さ22.8m・t8】
===============


柔軟性と耐久性のある合成ゴムをベースとしたシート。
短期間で路面になじむのが特長です。
ポットホールを補修した上に貼付することで
アスファルトの再剥離を予防し、
補修部分を長持ちさせることができます。

また軽度なクラックであれば直接、貼付することで
簡易補修も可能です。

表面には酸化アルミニウムと硅砂の微粒子をベースとした
滑り止め骨材を採用しているので、橋梁などで使われている
金属系のジョイント部に施工することで、雨天時の自動車や
バイクのスリップ予防にもなります。
ポットホールやクラックなど舗装道路の路面異常の簡易補修や
スリップ防止にも効果的。

シート表面に滑り止めの骨材を使用しているので、
雨天時の車のスリップ防止効果もあります。
(サイズは、幅610mm・長さ22.8m)
________________________________________
※ 「ポットホール」とはアスファルトの表層が剥離する現象です。
   自動車やトラックの荷重により路面が傷んでくると、
   表層にクラックが発生します。
   そこに雨水が侵入することによってアスファルト基材自体の結合力を失い、
   劣化が進行します。
   そこに荷重がかかることでアスファルトの表層が部分剥離を起こし、
   舗装表面に穴などが生じる現象です。

 L715(3M).bmp
【ステイマーク情報館(3M)】L715 路面補修材(スリーエム製)広場 
http://www17.plala.or.jp/isetsu2/page025.html
http://www3.plala.or.jp/multitoile/page033.html
http://www3.plala.or.jp/biotoile6/page034.html
http://www17.plala.or.jp/kanban4/page023.html
380AW .png
 
posted by 世界初インターネット環境プランナー@スンエイサ at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

ライブドア 無料ブログ|まぐまぐ版(無料メルマガ)環境マガジンより

5月1日から・・・
ライブドアブログが
ついに完全無料に
なりました。

もともとライブドアブログ
(無料版・有料版)
がありました。
優良プランのことです。


優良プランを使うと
広告が非表示になり
サブドメインも設定できます。


その優良プランが完全に
今回無料に
なりました。

調べていないので、
はっきりしたことは
わかりませんが、
有料版ブログとしては
初めての
試みではないかと
思います。

月額950円程度の
ことではありますが、
年間費用
¥11000〜¥12000 を、
支払わなくて良い
ということに
なります。

人、団体、法人の流れは、
現金なもので、
一気にライブドアに
流れ込みます。



今回なぜ、ライブドアが、
有料ブログを無料に
するというような、
驚異の線楽に出たのか?

いったい無料化して、
今後どうやって収益を
獲得していくのか?

PC条発信
VS
スマホ

楽天スマホも、たいへんな
宣伝広告費用を使い、
PRはじめました。


情報発信する法人は
PCを使っていて、
閲覧する人は、
ななんと、
スマホを使っています。

もう一度
同じことを書きますね。

情報発信する団体、法人は
PCを使っていて、
閲覧する人は
なななんと、
スマホを使っています。


もう
この流れに逆らうことは
できないみたいです。
ですよね。



発信する団体、法人は
パソコンから・・・
受信する人は
スマホでもって
簡単にその場で・・・



パソコンを使う
団体、法人に味方し、
使い勝手を上げ、
使用料を下げ、

情報を受け取る
スマホ側から
収益を得るという
流れと戦略を、

今回ライブドアは、
選択したということ
だと解釈しています。


いま、情報受信者、
消費者が使う
デバイスツールは、
スマホが大半です。

いったい、誰が
この大きな流れを
3年前に
予想したでしょうか?

スマホって、
情報を受け取るための
道具(デバイスツール)
に過ぎません。

が、残念ながら、
情報受信者(消費者)の多くが
使っている道具を、
なかなか
我々は理解できません。
全く残念ながら・・・
理解不能です。



文字は小さく、
画面も小さく、
電池はすぐなくなるし・・・
なぜ、あれほど
人気があるんだろう?
不思議だ・・・



今書いているブログ、
メルマガがスマホ画面で
どう映って
いるのか?
全く持って心配です・・・笑

Googleにいたっては、
モバイルフレンドリー
おいおい!

対応していないサイトは
検索結果から
除外対象になるかも
しれません。


スマホユーザーを意識
して、ブログメルマガ
情報発信していかねば、
排除されるって
ことなんでしょうか?
まいっちゃいますw!
何か妙案はないでしょうかねぇ〜!
これぞという、妙案あれば
コメントください。
まってま〜す!
posted by 世界初インターネット環境プランナー@スンエイサ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする